第37回JAWA全日本アームレスリング選手権大会(日本アームレスリング連盟主催)で、長門市東深川の会社員、澤村直樹さん(27)=チーム海聖所属=が86キロ級左腕の部で優勝、右腕の部で準優勝した。右足を複雑骨折する大けがを克服してつかんだチャンピオンの座。米国で来年開かれる世界大会への出場権を手にした。

 全国大会は11月に東京であり、都道府県予選を勝ち抜いた約200人が出場。86キロ級左腕の部には約20人がエントリーした。

 決勝は握力が160キロあることで有名な愛知県代表選手と対戦。相手の手首を反らすように攻める「つり手」という技を仕掛け、...    
<記事全文を読む>