柔道のマスターズ大会(中国)に出場した日本代表が15日、帰国した。

 女子52キロ級で優勝した志々目愛(了徳寺大職)は「最後まで気持ちを切らさずにできたのが良かった」とほほえんだ。

 決勝では11月のグランドスラム(GS)大阪を制したブシャール(フランス)に延長の末、返し技で技ありを奪って優勢勝ち。世界選手権2連覇の阿部詩(日体大)と代表争いで差はあるが、女子日本代表の増地克之監督は「崖っぷちの状態で冷静に闘った」と評価する。来年2月の欧州での国際大会が踏ん張りどころで、志々目は「勝つことで次につながる」と前を向いた。

 女子57キロ級で世界選手権銀...    
<記事全文を読む>