「スポーツ・イン・ライフの実現~障がい者等のスポーツ参加を支援する人材の育成~」をテーマにした県スポーツ推進委員研修会が十五日、魚津市のありそドームであった。

 県内全十五市町村から委員約二百五十人が参加。午前中は同市在住のボッチャ選手、藤井友里子さん(アイザック)が「私とボッチャ」をテーマに講演。午後からは日本ユニバーサルボッチャ連盟理事長で北京、ロンドン両パラリンピックで日本ボッチャチームの監督を務めた古賀稔啓さんによるボッチャの実技指導と、同市スポーツ推進委員協議会によるウオーキングサッカーの実技指導を二班に分かれ、それぞれ受けた。

 研修会は全国スポーツ...    
<記事全文を読む>