スピードスケートのワールドカップ(W杯)第4戦第2日は14日、長野市エムウエーブで行われ、男子団体追い抜きの日本は一戸誠太郎(ANA・山形中央高出)ウイリアムソン師円(日本電産サンキョー、山形中央高出)、土屋陸(日本電産サンキョー)がロシアに次ぐ2位だった。

 女子1000メートルは高木美帆(日体大助手)が1分14秒894で2位となった。小平奈緒(相沢病院)は1分15秒07で4位。今季無敗のブリタニー・ボウ(米国)が1分14秒34で優勝した。

 高木美は3000メートルにも出場し、国内最高記録を更新する4分5秒17で5位に入った。
...    
<記事全文を読む>