サッカーJリーグ1部(J1)北海道コンサドーレ札幌の日本代表FW鈴木武蔵選手(25)が28日に札幌市内で、ひとり親家庭の小学生ら対象のサッカー教室「MUSASHI CUP」を、道と協力して開く。鈴木選手も母子家庭で育ち、「ひとり親でもサッカー選手になれるってことを伝えたい」と、自らの経験を踏まえ初めて企画した。

 鈴木選手はジャマイカ出身で、ジャマイカ人の父と日本人の母を持つ。日本で暮らし始めた6歳の頃から母親に育てられた。母親が仕事と子育てを両立する中でサッカーを続けるのも「大変だった」と鈴木選手。試合会場への車での送迎も、友人の親にしてもらったこともあったという。サッカ...    
<記事全文を読む>