第27回全国中学校駅伝大会(男子6区間18キロ、女子5区間12キロ)は15日、滋賀県野洲市の希望が丘文化公園で開かれる。14日は同市総合体育館で開会式が行われ、神奈川代表としてともに初出場する男子・塚越、女子・大綱の選手らが上位入賞へ気持ちを高ぶらせた。

 塚越は県中学駅伝から出走順を大幅に変更した。県大会で6区を走った好調の越智をエース区間の1区に回し、主将服部がアンカーを任される。戸井田晋監督は「1区を1桁でつなぎ、その後は粘って服部に任せるのが理想」と説明した。

 大綱は2年田中を県大会と同じ1区に配置し、5区を駅伝主将の綿貫が担う。県大会、関東大会は出走...    
<記事全文を読む>