【モスクワ=小柳悠志】女子で2018年平昌冬季五輪金メダルのアリーナ・ザギトワ(17)=ロシア=が13日、競技活動の休止を宣言した。将来的な競技復帰の可能性はにおわせるが、後輩らの活躍が続く中で女王に返り咲くのは難しい状況だった。

 ザギトワはロシアのテレビ番組で今月下旬のロシア選手権の欠場を表明。「氷上にはとどまりトレーニングを続ける」と語り、引退は否定した。アイスショーには出演する意向も示し、「自分探しはよいことだと思う。新しい要素、新しいジャンプの仕方を学べる」と技術向上へのこだわりを見せた。

◆同じ17歳の紀平「すご...    
<記事全文を読む>