【モスクワ=小柳悠志】平昌冬季五輪金メダルに輝いたロシアのアリーナ・ザギトワ(17)は13日、競技活動を当面休止すると明らかにした。政府系テレビの番組で述べた。成績の不振が原因とみられ、事実上の引退になる可能性がある。

 今月下旬にあるロシア選手権に出場せず、世界選手権も見送る。ザギトワは「自分探しをして、新しいことを学ぶのはすてきなこと」と述べた。一方で、「私は退場するつもりではない。氷上に残る」とも語り、当面はアイスショーなどに専念してトレーニングも継続することを明言した。

 一部の通信社はロシアフィギュアスケート界の重鎮、タチアナ・タラソワ氏の「彼女は復帰...    
<記事全文を読む>