卓球男子の丹羽孝希(25)=スヴェンソン、苫小牧緑小出=が13日、日本卓球協会が定める東京五輪代表の選考基準を満たし、シングルス代表入りを確実とした。北海道出身選手が東京五輪・パラリンピックの代表入りを決めるのは初めて。正式決定すれば、2012年ロンドン、16年リオデジャネイロ両大会に続く3度目の五輪出場となる。

 男子のシングルス代表は2枠。日本協会は、過去1年間の国際大会の成績で決まる来年1月2日付の世界ランキングで、上位2選手を選ぶ方針を示している。13日に中国で行われた今年最後の国際大会、グランドファイナル1回戦で水谷隼(30)=木下グループ=が敗退したため、世界ラ...    
<記事全文を読む>