スピードスケートのW杯第4戦長野大会が13日から3日間、長野市のエムウエーブで開かれる。12日は公式練習を行い、小平奈緒(相沢病院)や高木美帆(日体大助手、帯南商高出)らが最終調整した。

 高木美は転戦の負担を考慮し、第3戦のヌルスルタン大会(カザフスタン)を欠場して今大会に臨む。「今季は五輪に向け、いろいろとトライできる残り少ない期間。ひるまず試し、収穫をつかみたい」と話した。

...    
<記事全文を読む>