十一月に岡山市であった女子世界タイトルマッチで、タイの王者に勝利した町田市のキックボクサー小林愛三(まなぞう)(本名・愛実(まなみ))さん(23)が十一日、市役所で石阪丈一市長に結果を報告し「タイトルを総なめしたい」と今後の抱負を語った。

 試合は世界プロムエタイ連盟の女子世界フライ級タイトルマッチで、小林さんは王者のタナンチャノック・ゲーオサムリット選手と対戦。「今までで一番強かった」という相手に判定勝ちし、二つ目のタイトルを獲得した。

 キックが得意で、瞬発力と精神力の強さが持ち味。「自分の持てるものをすべて出し切ろうと気持ちを切り替えた。気付いたらゴングが...    
<記事全文を読む>