◆ラグビー日本代表パレード(11日・東京)

 今秋のラグビーワールドカップ(W杯)日本大会で史上初の8強入りを果たした日本代表の選手が11日、東京・丸の内仲通りでファンに感謝の気持ちを伝えるパレードを行った。沿道に約5万人(主催者発表)のファンが集まった中、15人制日本代表の引退を表明している福岡高出身のWTB福岡堅樹(パナソニック)は万感の思いで“花道”を味わった。

 快挙の余韻をかみしめるように、福岡は有楽町駅前から東京駅前のオフィス街約800メートルをゆっくりと練り歩いた。平日のお昼時でもあり、昼食休憩中のビジネスマンがビルの窓越し...    
<記事全文を読む>