ラグビーのワールドカップ(W杯)日本大会で初の八強入りを果たした日本代表のパレードが十一日、東京・丸の内であった。主催の日本ラグビー協会によると推定五万人の観衆が詰めかけ、主将のリーチ・マイケル(東芝)らが喜びに浸るとともに「日本中がワンチームになったことがすごくうれしかった」と感謝の言葉を伝えた。

 W杯代表三十一人のうち、所属クラブの練習などで不在だった三人を除く二十八人が参加。東京駅近くの丸の内仲通りの約八百メートルを歩き、沿道から「ありがとう」などと声を掛けられた。

 「笑わない男」として有名になった稲垣啓太(パナソニック)は「笑ってと言われたが、笑って...    
<記事全文を読む>