神戸市は11日、2020年東京五輪で体操のフランス代表の事前合宿地に決定したと発表した。同日から代表チームが練習環境の確認のために神戸入りしており、17日にフランス体操連盟と事前合宿に関する協定書を締結する。

 神戸での五輪事前合宿の合意は、競泳のニュージーランド代表に続き2件目。パラリンピックはオーストラリア代表(最大12競技)と、競泳のネパール代表の誘致に成功している。

 体操フランス代表の五輪事前合宿は、7月に男女体操競技を、7~8月に女子新体操を、いずれもグリーンアリーナ神戸(同市須磨区)を練習場所として実施される予定。今後の五輪予選の結果により、変更の...    
<記事全文を読む>