自転車ロードレースの国内最高峰ツアー「Jプロツアー」を主催する全日本実業団自転車競技連盟(JBCF)は10日までに、来季ツアーの暫定日程を発表した。今季より4戦少ない全18戦で、県内では5月に宇都宮ロードレースと宇都宮クリテリウム、9月に渡良瀬遊水地でチームタイムトライアル(TT)と個人TTの開催が決まった。

 2017年から矢板市内で開かれてきた「やいた片岡ロードレース」は経済効果が見込めず、地元の協力が得にくいことなどから実行委員会が開催を見送った。一方、6月には山梨県内で「Mt.富士ヒルクライム」が初めて開催される。

 那須塩原駅前で行われてきた「那須塩原...    
<記事全文を読む>