久留米から東京五輪へ-。ラグビー7人制女子日本代表(サクラセブンズ)の中村知春主将(31)が10日、福岡県の久留米大を拠点に新設の女子ラグビーチーム「ナナイロプリズム福岡」のゼネラルマネジャー(GM)兼選手に就任した。2016年リオデジャネイロ五輪でも主将を務めた中村は、メダル獲得を目指す東京五輪を前に「女子ラグビーを文化にしたい」と決断。人材の宝庫・九州に新風を吹き込む。

■50年続くチームに

 チーム設立会見に集まった報道陣の多さに中村GMは「昨夜夢で見た3倍の方が来てくれた」と笑った。7人制代表で戦ったワールドシリーズ・ドバイ大会(5~7日)を終えたばかり...    
<記事全文を読む>