室蘭スリーエイ協会の第1回会長杯が8日、室蘭市体育館で行われた。「白鳥」の須川辰夫さん、阿閉百合子さんが初優勝した。

 試合は2人1組で行われ、24ペアが出場。4グループに分かれてリーグ戦が行われた。開会式で、金浜元一会長は「室蘭発祥のスリーエイをもっと広めたい」と競技の普及を呼び掛けた。

 優勝した白鳥は、2位の「あじさいの会C」と同じ4戦3勝。勝ち取ったセット数も14で並んだが総得点は229点で、198点のあじさいを大きく引き離した。

 須川さんと阿閉さんは、今大会はペアを組んで3度目の出場。接戦を制し...    
<記事全文を読む>