ラグビーのワールドカップ(W杯)日本大会に日本代表として出場した神戸製鋼の4選手が9日、神戸市役所で行われた神戸市スポーツ特別賞の贈呈式に出席し、職員や市民ら約300人の出迎えを受けた。

 式典では久元喜造市長が「今年の日本にとって最も明るい話題の一つだった」と日本代表のベスト8入りをたたえ、4人に賞状やトロフィーを贈呈した。

 明るい性格で、W杯後はテレビ出演が相次ぐ中島イシレリ選手は「ワンチームになることを学べた。ラグビーじゃなくてもできるんじゃないかな」と結束の力を実感。全試合フル出場のラファエレ・ティモシー選手は「いつもグラウンドに出てきたとき、たくさん...    
<記事全文を読む>