優勝の瞬間、歓喜の輪をつくったバックスの選手たちの中心にGK福藤豊(ふくふじゆたか)がいた。最優秀選手に選ばれた守護神は「バックスを日本一にするために入った。歴史に名を刻めてうれしい」と喜んだ。

 「パワープレーやキルプレーが鍵になる」。試合前に予言した通り、第2ピリオド序盤に同点に追い付かれ、直後にキルプレーのピンチを招いたが、安定感は揺るがなかった。一気に勝ち越しを狙った東北の攻撃陣に対して再三の好セーブを披露し、その後は無失点。「要所でいい守りができたことが、第3ピリオドの反撃につながった」と勝因を語った。

 2010年に入団したが、海外移籍のため14年の...    
<記事全文を読む>