JTBバドミントンS/Jリーグ2019金沢大会(8日・いしかわ総合スポーツセンター=北國新聞社など協賛)男女Sブロックの2試合が行われた。未勝利同士の対決となった男子は、地元石川の金沢学院クラブがJR北海道に2―1の逆転勝ちを収めた。通算1勝2敗とし、Sブロック(全5チーム)4位で残留へ大きく前進した。

 金沢学院クラブは第1ダブルスで川原祥人・西方優馬組が敗れた後、シングルスで坂井一将が2―0、第2ダブルスで荒井大輝・中田政秀組が2―1で勝利を収めた。

 女子はアメリカンベイプ岐阜がNTT東日本を2―1で破った。

 金沢学院クラブは15日に埼玉県の...    
<記事全文を読む>