来年の東京五輪で事前キャンプを予定している小田原市と交流を深めようと、オーストラリア大使館員が6日、市立東富水小学校(同市中曽根)を訪問。6年生約70人と豪州をテーマにしたクイズなどで盛り上がった。

 同市はラグビーワールドカップ(W杯)日本大会で豪州代表チーム「ワラビーズ」が事前キャンプを張ったことからつながりを深め、五輪でもホストタウンになった。7人制ラグビーの男女代表が市内で事前キャンプを予定している。

 この日はマイケル・ホイ参事官と日本人スタッフが訪問。ラグビーW杯で販売した「ワラビーズ」の名前入りの法被を着て、豪州なまりの「グッダ...    
<記事全文を読む>