◆空手全日本選手権(8日・高崎アリーナ)

 女子形で初優勝を目指した大野ひかる(大分市消防局)は3位にとどまった。

 同種目には各地区の代表など16人が出場。8人ずつ2組に分かれて争う予選ラウンドで、大野は7連覇を目指す清水希容(ミキハウス)を上回る得点を記録し1位で通過した。再び清水と同組に入ったランキングラウンドでは得意とする「スーパーリンペイ」に挑戦したものの、清水に0・48点及ばずに決勝進出を逃した。

 消防局に勤務しながら空手の道を究める27歳。世界ランキングで決まる同種目の東京五輪代表は大会前に清水に確定していたものの、全日本のタイトルを...    
<記事全文を読む>