バドミントン団体戦の国内最高峰S/Jリーグ由利本荘大会が7日、秋田県由利本荘市のナイスアリーナで行われた。男女ともに日本代表クラスがそろったリーグ屈指の好カードとあって、昨年10月の開館以来、1日のイベント来場者数としては最多タイの4100人が駆け付け、選手に大声援を送った。

 午前8時半の開場を前に、アリーナ入り口には約千人が行列をつくった。午前4時半に一番乗りした同市の会社員佐藤芳子さん(54)は「北都銀行の選手や男子の桃田賢斗選手のプレーを間近で見たい。世界レベルの試合を楽しみたい」と話していた。

 女子は北都銀行と、昨季リーグ準優勝の...    
<記事全文を読む>