卓球のTリーグは7日、岡山市の岡山武道館などで3試合が行われ、男子4位の岡山リベッツは2位東京に1―3で敗れ、3連敗で通算2勝9敗(勝ち点11)となった。東京は8勝3敗(同24)として首位に浮上した。

 リベッツは森薗・町のダブルスが序盤から相手の勢いに押され、ストレート負け。続くシングルスで吉田が第1ゲームを4―10から7連続得点で奪うなど快勝した。だが新加入のワン・ヤン(スロバキア)と森薗が敗れ、及ばなかった。東京戦は3戦全敗。

 リベッツは8日、岡山武道館で彩たまと対戦する。

...    
<記事全文を読む>