ラグビートップリーグ・クボタスピアーズの選手によるタグラグビー教室が四日、船橋市立三山小学校であった。四年生の児童たちは選手らからルールを教えてもらい、試合形式の練習を楽しんだ。

 船橋が拠点のスピアーズは「トップリーグカップ2019」で準優勝。ワールドカップ(W杯)日本大会では、チーム所属選手が活躍した。教室は四年生の九十九人を対象にグラウンドで行われ、青木祐樹選手や井上大介選手をはじめ選手五人とコーチら五人が指導にあたった。

 児童たちはパスの方法を習ったり、四人一組になってタグを取り合うなどした。試合形式の練習にも取り組み、トライに歓声を上げていた。W杯を...    
<記事全文を読む>