自転車トラック種目のワールドカップ(W杯)第4戦は6日にニュージーランドで行われ、男子チームスプリントで雨谷一樹(あまがいかずき)(29)=作新学院高出、日本競輪選手会栃木支部=らの日本チームが16年ぶりに優勝し、五輪代表枠獲得に一歩近づいた。

 チームスプリントは3人1組でトラックを3周してタイムを競う。日本は1回戦で日本記録を6年ぶりに更新。ポーランドとの決勝でさらに記録を伸ばし、42秒790をマークした。

 雨谷は「自分のこれまでの最高成績は銀メダルだった。それを超えることができてとてもうれしい」とコメントした。

...    
<記事全文を読む>