目にもとまらぬ速さで打ち合う卓球。選手の技術を手元で支えるのは、ラケットやラバーだ。厳しい制限の中で各メーカーが時代とともに新製品を投入し、打球を自由自在に操ることを可能にしている。

 (磯部旭弘)

 「ニッタク」ブランドで知られる「日本卓球」の松井潤一取締役企画開発部長は、こう指摘する。「スピン重視なのか、スピード重視なのか、大きく戦型は変えずとも選手たちは自分自身の戦型に合うものを選んで、絶えず調整している」

 ラケットは一般的に木の一枚板や合板のブレードにゴムのシートとスポンジからなる厚さ4ミリ以内のラバーを貼る。ブレードにはカーボンなどの特殊素材を入れるこ...    
<記事全文を読む>