卓球女子の中国電力が、2季連続となる日本リーグ1部の年間王者を目指して7日から徳島市であるプレーオフに挑む。今季は前期2位、後期は優勝し、総合1位で迎える。昨季の主力メンバーは健在で、松岡俊志監督は「全勝優勝した後期の経験を自信に総合力で連覇を狙う」と意気込む。

...    
<記事全文を読む>