バトントワーリング全国大会に北陸支部代表として出場する県内の七チームの壮行式が二日夜、金沢市のいしかわ総合スポーツセンターであり、選手たちは健闘を誓い合った。

 多くの保護者が見守る中、合同発表会として、各チームが本番に向けて息の合った演技を披露。続いて開かれた壮行式では、県協会の勝田徹会長から各チームの代表者が花束を受け取った。それぞれ「心を一つにして演技します」「元気百パーセントの笑顔を届けられるよう出し切ります」などと決意を述べた。

 大会は七、八の両日、千葉市の幕張メッセで開かれる。七日は小学校から大学の学校部門、八日は十二歳以下、十五歳以下、十八歳以下...    
<記事全文を読む>