来年の東京五輪・パラリンピックに出場するホッケーニュージーランド男子代表の事前合宿地に決定した米原市で三日、ダレン・スミスヘッドコーチが地元の伊吹山中学校ホッケー部員を指導した。

 部員二十二人が指導を受けたのは、代表選手たちの事前練習場所と同じ県立伊吹運動場。ドリブルやパスのこつを教わり、プレーを通して実践的なアドバイスも受けた。

 女子の一居由季乃主将(二年)は「基本的な姿勢や視線の向け方を教えてもらえた。来年の事前合宿では、代表選手の練習を見られるのが楽しみ」と話し、男子の二宮怜主将(同)は「来年も、代表選手からいろんなことを吸収してたくさん学びたい」と声...    
<記事全文を読む>