静岡新聞社・静岡放送など静岡、愛知、岐阜、三重県の新聞、放送記者でつくる中部運動記者クラブは3日、名古屋市内で総会を開き、本年度の中部スポーツ賞を選出し、表彰した。陸上男子50キロ競歩で東京五輪代表に内定した小山町出身の川野将虎(東洋大、御殿場南高出)が奨励賞に選ばれた。
 川野は10月の全日本50キロ競歩高畠大会を3時間36分45秒の日本新記録で優勝し、五輪切符を手にした。来年に向け、「今までやってきたことを大きく変えず、頑張っていきたい」と抱負を語った。
 正賞は春の選抜高校野球で優勝した東邦高(愛知)野球部。来春限りで退任する同部の森田泰弘監督に功労賞を贈った...    
<記事全文を読む>