アメリカンフットボールの全日本大学選手権決勝「甲子園ボウル」(15日)で対戦する関学大と早大の両主将、監督が2日、会場となる兵庫県西宮市の甲子園球場で会見した。2年連続30度目の優勝を狙う関学大の鳥内秀晃監督は今季限りで退任するため、この一戦が最後の甲子園。「絶対にうちは気持ちでは負けん。また、知らないプレーやったろかな」と勝利への意欲をにじませた。

 両校の対戦は2年連続3度目で、過去2戦はいずれも関学大に軍配が上がった。リーグ戦で敗れた立命大に雪辱し、西日本代表の座を勝ち取った関学大のDL寺岡芳樹主将は「負けを知っているチーム。泥くさくやっていく」と誓った。

<記事全文を読む>