失敗や挫折は人をたくましく成長させる。ラグビーのワールドカップ(W杯)日本大会で、初の8強入りを成し遂げた日本代表の主力WTB、松島幸太朗(26)=サントリー=を取材して、あらためて実感した。大会後、一度は夢破れた欧州リーグへの再挑戦に意欲を示したからだ。

 W杯閉幕後の11月、松島は東京都内で報道陣の取材に応じた。海外クラブでのプレーに関する質問が飛ぶと「できれば欧州。いい話があれば考えたい」。今季は日本でプレーするが、来季以降については明言を避けつつ、意味深な笑みを浮かべた。

 W杯日本大会では開幕戦のロシア戦でいきなり1試合3トライを決め、終わってみれば大...    
<記事全文を読む>