J2の参戦5年目を過去最高の11位で終えたツエーゲン金沢のシーズン報告会が2日、金沢市の金沢東急ホテルで開かれ、スポンサー企業の関係者やサポーターら約700人が参加した。西川圭史ゼネラルマネジャーは「今後への自信が持てるシーズンになった。もっと上を目指したい」と来季のさらなる飛躍へ力を込めた。

 選手入場に先立ち、5年連続、10年連続でパートナー企業となっている47社が表彰された。馳浩衆院議員、スポーツ振興石川県議会議連の下沢佳充会長があいさつした。山野之義金沢市長も登壇した。

 選手は気さくにファンと触れ合い、サインや記念撮影に応じた。廣井友信主将は「チームが一...    
<記事全文を読む>