◇関東大学対抗戦 明大36―7早大

 関東大学リーグ対抗戦の最終日は1日、東京・秩父宮ラグビー場で行われ、明大が36-7で早大との全勝対決を制し、7戦7勝で4季ぶり17度目(同リーグ通算31度目)の優勝を決めた。6勝1敗の早大は2位。

 前半は両チームとも1トライずつ奪い、明大がSO山沢のPGによる3点のリードで折り返した。後半は明大がFW戦で優勢に立ち、フッカー武井主将の2トライなどで突き放した。両校の通算成績は明大の39勝54敗2分け。3位の帝京大と筑波大までの4チームが全国大学選手権に進む。

<記事全文を読む>