バドミントンの全日本総合選手権最終日は1日、東京・駒沢体育館で各種目の決勝が行われ、男子シングルスは桃田賢斗(NTT東日本、富岡高卒)が西本拳太(トナミ運輸)を2―0で下し、2連覇を果たした。混合ダブルスは渡辺勇大・東野有紗(日本ユニシス、富岡高卒)組が3連覇。渡辺は遠藤大由(日本ユニシス)と組む男子ダブルスでも園田啓悟・嘉村健士(トナミ運輸)組に2―1で逆転勝ちし、2冠を達成した。女子シングルスの大堀彩(トナミ運輸、富岡高卒)は奥原希望(太陽ホールディングス)にストレートで敗れた。

...    
<記事全文を読む>