スピードスケートの第39回全日本学生選手権最終日は1日、渋川市の県総合スポーツセンター伊香保リンクで総合部門とスプリント部門の後半男女8種目が行われ、総合男子は初出場の白川諒(高崎健大)が前日の5000メートルに続き1500メートル、1万メートルを制して160.489で頂点に立った。

 同女子は滝上つくし(同)が173.856で初優勝を飾った。

...    
<記事全文を読む>