ラグビートップリーグ、ヤマハ発動機の田村義和アシスタントコーチ(41)が十二月から、南半球最高峰リーグ「スーパーラグビー」に参戦する日本チーム「サンウルブズ」にスクラムコーチとしてスタッフ入りした。

 田村コーチは「南半球の最高レベルの大会に、コーチとして関わることができことは大変光栄。貴重な機会ですので、しっかりと責任を持って取り組みたいと思う。新しい挑戦で、本当に楽しみ」とコメントした。

 田村コーチはセコムなどを経て、二〇一〇年にヤマハ発入り。現役時代は、強靱(きょうじん)な肉体を武器に、プロップとしてスクラムの最前列で活躍し、日本一を決めた一五年二月の日...    
<記事全文を読む>