第37回県綱引選手権(1日・金沢市中央市民体育館=北國新聞社後援)成年男子(600キロ=ライトミドル級)は金沢レスキュー隊が6年連続31度目の優勝を果たした。成年女子(500キロ級=ライトフェザー級)は、新結成のグランツ石川が初制覇した。
 男子4チーム、女子3チームで争われ、男子決勝は昨年と同様、金沢レスキュー隊とTEAMマンちゃん’sとの顔合わせとなった。金沢レスキュー隊は3セットマッチ制で2本連取し、危なげなく優勝を決めた。
 女子優勝のグランツ石川は、小松と志賀、福井の綱引経験者10人の合同チーム。小松を主な練習会場に、遠距離の苦労を背負いながら...    
<記事全文を読む>