◆島田で中高生と交流

 リオデジャネイロ五輪の卓球男子シングルスで日本人として初めて銅メダルを獲得した水谷隼選手(30)=磐田市出身=が三十日、島田市野田のローズアリーナを訪れ、地元の中高生らと交流した。

 この日は五百人の参加者を前に、卓球の国内リーグ「Tリーグ」チェアマンの松下浩二さんとのトークショーで始まった。水谷選手は中学二年から青森県の強豪・青森山田中学に転校し、ドイツを拠点に研さんを積んだことや、二〇二〇年の東京五輪で金メダル獲得に向けて練習を重ねていることを明かした。

 水谷選手はサーブなどの技術を...    
<記事全文を読む>