バドミントンの全日本総合選手権最終日は1日、東京・駒沢体育館で女子ダブルス決勝が行われ、永原和可那、松本麻佑組(北都銀行)が2―1で福島由紀、広田彩花組(アメリカンベイプ岐阜)を下し、初優勝を果たした。

...    
<記事全文を読む>