三重県内15の中学校のハンドボール部顧問と2年生以下の部員代表が参加する講習会が30日、四日市市羽津甲の霞ケ浦体育館であり、県ハンドボール協会強化部長の蛭川健司・四日市商高教諭の指導を受けた。

生徒らは顧問が見守る中、パス、シュート練習などに取り組んだ。国体少年女子監督も務め、2018年福井国体優勝などの実績を持つ蛭川教諭はボールを持った時、持たない時の動きなど意識させながら、きめの細かい指導を行った。

1学年下の坂璃音さんと参加した亀山中2年の若林暖佳さん(14)は「足の動き、DFの上がり下がりなども教えてもらった。普段と違い細かい内容の練習だった」と感想を述べ...    
<記事全文を読む>