男子第39回・女子第31回九州中学校駅伝競走大会は30日、熊本県天草市で行われ、男女各18校が競った。佐賀県勢は男女4校が出場し、男子(6区間20キロ)は塩田が1時間4分58秒で16位、多久中央が1時間5分40秒で17位。女子(5区間12キロ)は塩田が42分41秒で15位、啓成が44分43秒で18位だった。

 県大会を2年連続男女で制した塩田は、男子が2区の山田蒼汰が区間8位となり、中盤まで中位でレースを展開した。女子は、1区の橋本奏が10分4秒で区間3位の力走を見せた。

 男女の塩田は12月15日に滋賀県で開かれる全国大会に出場する。

...    
<記事全文を読む>