男子ゴルフのアマチュア、大院大3年の砂川公佑が充実の1年を終えた。8月の日本学生選手権、10月の朝日杯日本学生選手権を制し、今季の学生2冠に輝いた。「できすぎの部分はあるが、自信になった」。滝川第二高出身の逸材が鮮やかな成長曲線を描いた。(松本大輔)

 兵庫県高砂市出身。高校1年から兵庫県ジュニア選手権を連覇し、3年時には関西ジュニア選手権で優勝するなど、実力者が並ぶ強豪の滝川第二高でも目立つ存在だった。

 大学進学後はタイトルまであと一歩が続いていたが、今夏の日本学生選手権で一気に開花した。会場の小野グランドCC(小野市)は普段、キャディーのアルバイトをしてい...    
<記事全文を読む>