全日本大学女子選抜駅伝は30日、富士宮市の富士山本宮浅間大社前から富士総合運動公園陸上競技場までの7区間、43・4キロで24チームが参加して行われ、前回大会で初優勝した名城大が2時間23分9秒で連覇を果たした。大東大が2時間24分25秒で2位、全日本選抜が2時間25分22秒で3位と続いた。
 名城大は4区山本が区間新でトップに立つと、5区加世田、6区小林も区間賞の快走で首位を守り切った。
 静岡県選抜チーム(鴨志田、袴田、朝日、丸山、吉田、黒川、森野)は2時間37分7秒で24位だった。

 ■静岡県選抜 初出場の朝日らけん引
 静岡県選...    
<記事全文を読む>