元日に開かれる全日本実業団対抗駅伝(ニューイヤー駅伝)に出場する小城市のひらまつ病院を応援しようと、小城市体育協会は27日、集まった寄付金61万8千円をチームに贈った。

 寄付金は体育協会が呼び掛け、小城市役所や市内の小中学校、企業など239の個人・団体が協力した。

 体育協会の今村統嘉(もとよし)理事長は「小城市や佐賀県を元気付けようと年間を通じて精進していた。その力をしっかり発揮して」と述べた。ひらまつ病院の平松克輝理事長は「地元のために選手たちは頑張ってくれると思う」と期待を寄せた。

...    
<記事全文を読む>