来年の東京パラリンピック代表に内定した車いす陸上の佐藤友祈選手(30)=グロップサンセリテWORLD―AC、岡山市=を応援する懸垂幕が、市役所本庁舎の北側壁面に掲げられた。

 赤地に白抜きの「祝」の文字とともに、「世界パラ選手権優勝」「東京2020大会内定!」などと記している。縦7メートル、横86センチ。来年1月31日まで掲示する予定。

 佐藤選手は、11月にアラブ首長国連邦(UAE)のドバイで行われた世界選手権で車いすT52クラスの男子1500メートルと400メートルで優勝し、東京パラ出場を決めた。

 市スポーツ振興課...    
<記事全文を読む>