陸上男子100メートルの山縣亮太(セイコー、広島・修道高出)が23日、来年3月末まで実施する米国合宿から一時帰国し、羽田空港で記者会見した。「一から体をつくり直している。土台づくりはうまくいっていると思う」と東京五輪イヤーへの手応えを口にした。

...    
<記事全文を読む>