11月にプロ宣言した陸上男子100メートルの日本記録保持者、サニブラウン・ハキーム(20)が15日に帰国した。100、200メートルの世界記録保持者で五輪3連覇したウサイン・ボルト氏(ジャマイカ)と同じプーマ社とスポンサー契約を結んだことを表明。母の故郷が福岡のスプリンターは、ボルトと同じ「金メダルロード」を疾走する決意を口にした。

 プロ宣言後、初めての公の場で、サニブラウンは新たに契約したプーマ社のウエアやスニーカーを着て登場した。ボルト氏も愛用するメーカー。「同じブランドを着ることができて光栄。道をたどるわけではないけど、同じ頂点を目指す者として頑張っていければ」とレ...    
<記事全文を読む>