第38回山陽女子ロードレース大会(岡山県、岡山市、山陽新聞社など主催、特別協賛・大王製紙エリエール)は15日、岡山市のシティライトスタジアムを発着点に「有森裕子杯ハーフマラソン」と「人見絹枝杯10キロ」が行われた。来年の東京五輪を目指す国内外のトップ選手や実業団の若手ら計251人が令和初の女王の座を懸け、師走の岡山路を疾走した。

 来年3月の世界ハーフマラソン選手権(ポーランド)の日本代表選考会を兼ねたハーフは78人が争い、13キロ付近で先頭集団を抜け出したシャーロット・パデュー(英国)が1時間8分45秒で初優勝。東京五輪マラソン代表で前回覇者の前田穂南と三宅紗蘭...    
<記事全文を読む>